弁護士費用

弁護士費用の説明

着手金

着手金とは、事件をご依頼いただいた最初にお支払いいただくものです。
委任事件を処理することによって得られる経済的利益の額を基準にして決定します。事件の成功、不成功に関係なくお支払いいただきます。

報酬

事件が終了したときにお支払いいただくものです。
実際に事件処理によって得られた経済的利益の額を基準にして決定します。
例えば、訴訟において、全面敗訴となれば、報酬は発生しないことになります。

実費

事件処理をするに当たり必要になる費用です。例えば、裁判所へ納める印紙代や切手代、登記をする際の印紙代、戸籍等の証拠を収集する際に役所に納める手数料などです。そのほか、出張を伴う事件にいては交通費や日当がかかることがあります。

手数料

1回程度の手続きで完了するときのものです。例えば、内容証明郵便、遺言の作成、遺言執行などです。

法律相談料

法律相談の対価としてお支払いいただくものです。

顧問料

顧問契約をしていただいたときに月々お支払いいただくものです。


弁護士費用の一例

※当事務所は、民事法律扶助(経済的な理由で弁護士費用を一度に支払うのが困難な場合、法テラスがいったん費用を立て替え払いし、これを月々5000円から1万円程度ずつ返済する制度)が利用できます。
※実費は別途かかります。
※以下は目安であり、具体的な事件の難易やお客様の経済状況等に鑑みて、別途協議の上、決定させていただきます。
※以下はいずれも税別です。

弁護士費用 (※ここに掲載しているものは一例です。詳しくはお問い合わせください。)
(1)法律相談料 30分 4000円
※交通事故、相続、離婚、債務整理事件の初回相談料は30分無料です。
(2)顧問料 事業者の方 2万円~
個人の方  5000円~
(3)一般民事事件 着手金 300万円までの場合 その8%(最低10万円)
3000万円までの場合 その5%+9万円
報酬金 300万円までの場合 その16%
3000万円までの場合 その10%+18万円
(4)破産・民事再生
手続費用
(委任時支払)
自己破産 20万円~
民事再生 25万円~
※法人、事業者の方は別途ご相談ください。
(5)任意整理 着手金 債権者1件につき2万円
報酬 債務減額分に対する10%
2年以上の分割による和解 1社につき2万円
(6)過払金 着手金 なし
報酬 過払金回収額の20%
(7)離婚事件 交渉 着手金 15万円
報酬 15万円
調停 着手金 20万円 
報酬 20万円
訴訟 着手金 30万円
報酬 30万円
※ 財産分与や慰謝料も併せて請求する場合は、(3)の報酬基準で算出した金額と比較していずれか高い額。
※その他、親権が争われている場合等は別途協議の上決定する。
(8)刑事事件
(無罪主張、冤罪・再審事件等は別)
着手金 30万円~
報酬金 30万円~
無罪の場合  60万円~
執行猶予の場合  30万円~
求刑よりも刑が軽減された場合 30万円〜
保釈請求 手数料 10万円(保釈が実現した場合20万円〜)  
(9)少年事件 着手金 30万円~
報酬 審判不開始・不処分となった場合 50万円~
その他 25万円~

HOME | 事務所のご案内 | 弁護士紹介 | 取扱業務 | 弁護士費用 | お問い合わせ | サイトマップ